http://readmej.com/

2010 年 03 月 09 日(火)

 土曜日に某ゲレンデで検定を受けてきました。ん?私じゃないですよ?友達Mと友達Kです。特にKは最近滑りに目覚めてから私が専属イントラしてきたので、期待しています。私の周りはボード歴10年以上の面子がゴロゴロいますし、1級所持者も何人もいます。それに囲まれて何年も滑っているので、ぶっちゃけ2級1級なんてレベルじゃないはずなんですよ。いま私が練習しているのはB級用の練習ですし、それに普通に付いてきますしね。Mは元々1級持ちなので暴走さえしなきゃ全く心配してませんでしたが、Kも2級なんて楽勝だと思ってました。実際本番は、雪質が悪い&天候が悪いながらも2人は無難にロング、ショート、総括をクリアし、「完璧じゃん!加点つくかなぁ?」とか思ってました。が!Mは加点が付いて合格しましたが、Kは落ちてしまいました。マジかよ?って感じです。

 結果に文句を言っても始まりませんが、総評とコメントを検定員から聞いて、納得できないだらけです。細かく書くとキリがないので割愛しますが、2人が受けたのは2級ですよ?コメントを聞けば聞くほど「2級にそれを求めるか?」ってな内容です。Kが落としたのはロングです。夜にビデオで再度よーく確認しましたが、加重、抜重、弧の幅、弧の長さ、ズレ、安定、どれを取っても充分2級以上。1級レベルか?と言われたら足りない部分が多々ありますが、幾らベーシックと名前が変わっても「ロングターンカービング立ち上がり」という内容に差異はないはずです。実際「2級でそれが必要ですか?」と検定員に聞きましたが、「1級、その上を目指していくなら、ほげほげふがふが・・・」は、はぁ。でもコレは2級ですよね?とその場にいたみんながツッコミたくなった事は言うまでもありません。ん〜、ともあれ落ちた事は事実。足りないものがあるのも事実。自分が2級で落ちた時より悔しいです。判りましたよ。2級を受けるんじゃなく自分と一緒にB級を受けるつもりで練習すればイイんでしょ?むきーっ!

 私が思うに、今度は絶対加点を付けて受からせてやるっ!


← 前日 翌日 →