http://readmej.com/

2010 年 02 月 16 日(火)

 先日、友達の誕生日をゲレンデ泊まりの宿で祝いました。2人合計75歳?マジで自分たちもイイ歳になってきたんだなぁと実感します。まぁでも20代だろうがアラフォーだろうがやってるこたぁ一緒。このまま何も変わらないのが一番幸せなんですけどね。

 誕生日に付き物のケーキ&プレゼント、2人分ともなると数万単位になってくるわけでして、もちろんコレを当事者以外で割るわけなんです。仲間内みな平等!とはいえ、付き合いが長いヤツもいれば、付き合いが浅いヤツもいるわけですよね?また上は30代後半、下は20代前半。ニョーボコドモがいるやつもいれば、いつまでも独身貴族もいます。同じ歳だとしても職種によっては稼いでるヤツも稼げてないヤツもいて、カネなんていらん!なんてヤツはどこにもおらんわけです。つまりどうすれば平等になるかが非常に難しいんですよ。今回は何人かと話して、あえてわざと不平等になるようにしたわけなんですね。数千円な人〜数百円な人、の段階って感じ?追加で小銭を払ってくれた人もいます。

 いま思うとそれが良かったのか悪かったのかの判断が非常に難しいのです。私の意見の押し付けだったような気もしますし、全員で話して納得してもらったわけでもないですし。そもそも多額を費やしてもその人の誕生日がシーズンオフで誰かに祝ってもらう事が無い場合、その人は報われないですよね。逆にネタなのか何なのか毎年祝ってもらってる人もいるわけです。だとするとそこまで考慮して割るべきだったか?と思ったり思わなかったり。理想は金額を決めずに「カンパおねがい!」って奉仕出来るだけしてもらった方が良かったのかもしれませんし、その方がかえって気を遣わせちゃう気もしますし。コレらの問題について、もし良ければあなたの意見を聞かせてもらいたいです。

 私が思うに、友達とカネ、非常に難しい問題です。


← 前日 翌日 →