http://readmej.com/

2009 年 12 月 26 日(土)

 そろそろ会社で使っている歯ブラシがダメになってきたので、会社帰りに薬局に行きました。特にコレ!というこだわりはあんまりないのですが、「かため」である事と「毛先が尖っている」モノが好きなので探していたんですが、意外と無いんですよね。特に「かため」が無いんです。最近は「毛先が尖っている」モノはすごく増えたんですけど、硬い歯ブラシは歯槽膿漏(しそーのーろー)の原因になりやすいとかで柔らかいものが多いんです。でも私は何年も固いのを使っていて歯槽膿漏なんかになったこと無いですし、柔らかいので落ちないよりもガシガシ落とす感じの硬いのの方がイイんですよね。ようやくコレだ!と見つけたものは、ピンクしかありませんでした。

 何でしょうね?この「ピンクを男性が使いにくいイメージ」は。男は黙って青か緑!ピンクは女性専用!って感じしませんか?いや他に無かったので仕方なくピンクを買いましたけど、なんかこっぱずかしい感じがします。もちろん服やウェアでピンクを好む男性も世の中にはいるとは思うんですが、そういう方は特異?特別?であって、9割9分の男性はピンクに抵抗を感じるはずです。特にこういう歯ブラシなどの小物は怪しい感バリバリです。でも女性が青や緑を使ってても特に違和感は無いんですよね。不思議だ。

 私が思うに、そもそも歯ブラシを色で分別しようって概念が気に入らんっ!まぁ確かに家族で洗面所にあったら判りやすいんでしょうけど。


← 前日 翌日 →