http://readmej.com/

2009 年 11 月 18 日(水)

 日曜日、何故か外れていた車の荷台をうりゃうりゃ直してたら、ガツっと鉄パイプが手に当たり、いってー!と思ったら親指から血がダバダバ。ひえー!皮むけちゃったー。まぁその場はティッシュでくるんでおいたわけです。後でティッシュを絆創膏に張り替えようと剥がしたところ、ベロっと・・・あれ?何か肉が見えてね?えー、親指の爪〜関節んところが、1cmくらいV字型に肉ごと抉れてました。皮じゃなかったッス。こりゃヤバイかな?骨までは達してないよな?医者に行ったほうがイイかな?とか思ってたんですが、こんな爪の上の部分?筋肉なんて無いですよね?骨と皮と多少の皮下脂肪って感じ?痛みも治まったし血も止まったし、どーでもいいや!と絆創膏で2日間。いや、一応気を使って、風呂に入るときはタオルを巻いた手にコンビニ袋を縛って濡れないようにとかしてましたよ。んで貼りっぱなしの絆創膏がヨレヨレ汚くなってきたので、仕方なく取り替えようと慎重に剥がしたら・・・ひ、引っ付いてる!

 人間の身体は本当に不思議ですね。いやもしかしたら表面だけコッソリ繋がってる風に見えるだけかもしれませんよ?でも繋がってるんですよ。痛くも痒くもないし。数日したら切り口も見えなくなるんじゃ?ってくらいです。肉なんて引っ付けときゃ引っ付くのかもしれませんね。手術だって切って縫ったら引っ付くでしょ?

 私が思うに、生理のない男は、血を見るのが苦手です。


← 前日 翌日 →