http://readmej.com/

2009 年 10 月 04 日(日)

 メッキって塗装と違って自分でやるのは難しいですよね。もちろん塗装もちゃんとやるなら焼付けとかが必要なのですが、スプレーでシューっとやっておけばそれなりの色にはなりますからね。でも銀のスプレーをシューっとやっても銀色になるだけでメッキにはなりませんからねぇ。

 でも遠い昔、科学の実験とかでメッキってやりましたよね?メッキの原理って電気がーから+へ流れる時に、イオン化した金属がー極性に貼り付くみたいなものだったような。だからガラスの器に酸性の液体を入れて−極性にメッキしたい鉄のボルトを繋いで、+極性に亜鉛の釣りのおもりみたいなのを繋いで、そこへ電池直列で3Vを流してやるだけ!みたいな。ここで気を付けるのは+と−を間違えない事?−に繋いだ方からブクブクと泡がでるんですよ。ソレを見て「おーおもりが溶けてる!?」とか思ったら、それはおもりに鉄メッキをしてますから。大間違いです。ブクブク泡が出る方がメッキされる側でそうじゃない方が溶かす金属だったような。しかしこの方法でバンパーをメッキしようと思ったら、どんだけ大きな容器・・・風呂か!風呂にサンポール入れればエエのんか!んで半分ずつやればエエねんな?金属は、東急ハンズで買いまくり?えらい有毒ガスと硫化イオンでしたっけ?が大量に出て通報されそうですけど。

 私が思うに、簡単にメッキ塗装する方法って無いもんでしょうかね?


← 前日 翌日 →