http://readmej.com/

2009 年 09 月 29 日(火)

 最近、保険のオバチャンから執拗な勧誘を受けていて、色々と困ったチャンです。もちろん保険が悪いとは思っていませんし、私には非常に重要なんですけどね。ただ、ケガの補償は損害保険で行うべきであり、掛け金もケタ違い(ホントに。生命保険が年間24万だとしたら、同じ内容を傷害保険なら2万4千)なので、生命保険の良し悪しが全然判らず困ってるわけです。

 生命保険って、死んだ時にお金を貰えるものじゃないですか。幾ら最近は特約で生きてる人への生活補償部分が増えたと言っても、主契約は死亡保険であり、保険金の半分はそれが占めると言っても過言ではないわけです。ニョーボコドモがいる人だったらそこは譲れない部分だと思うのですが(実際それもマンションとかを買っちゃえば強制団体保険で殆ど不要になるんですが)私みたいに独りもんが心配するのはガンなんかじゃなくケガなわけです。今でさえ月額\7,500と\12,000の保険料を払っていて死んだら三千万くらい無意味に出るのに、保険を見直してそこが削れるわけじゃなし、かと言って保険料を安くしようとすると、付けたい特約部分がどんどん減ってってしまうわけです。\7,500の主契約\2,300くらいの部分はお宝保険なので取っておきたくて、お葬式代の積み立てなわけでして。しかし今回のケガで一番お金が出たのが\12,000の方なわけでして。う〜ん・・・

 私が思うに、あなたの生命保険、どういう理由でどんなのに入っているか教えてくれませんか?


← 前日 翌日 →