http://readmej.com/

2009 年 07 月 06 日(月)

 無限に伸び続ける人間の爪、正直ちょっとウザイです。毎日じゃないにしろ定期的に切らなきゃいけないのが面倒で。そりゃもちろん爪なんて欠けたり怪我したりした時には逆に伸びてもらわないと困るわけですが、爪を切るといった類のルーチン的というか意味の無い繰り返し作業が非常に面倒で嫌なんです。

 ところであなたは爪を切る時、どこまで切りますか?もちろん男性女性、職業や環境によって差があるとは思いますが、私は白い部分が邪魔な人です。つまり爪を切る時は白いところを全部無くすわけです。よく「そりゃ深爪だよ」とか言われますけど、全然そんな事は無いですよ?用は爪を使おうと思った時にかろうじて爪が当たるくらいが丁度いいんです。もちろんそこまで切るからには理由はあります。キーボードをカタカタするのが本職の私は爪が当たってカツカツなるのが嫌とか、爪に汚れが入って白いところが黒くなるのが嫌とかあるんですけど、一番は、傷をつけたくないからです。傷?んーまぁ、私は何か身体ってかボディをガリガリと掻くクセがあるみたいで、爪が伸びてると掻けてしまうわけです。当たり前ですが。でも爪がなきゃ掻いても掻けない=傷がつかないわけで、安全じゃないですか。風呂上りに鏡を見て身体中引っかき傷だらけになっててビックリする事もちらほら。

 私が思うに、身体を掻くクセって治らないもんでしょうか?


← 前日 翌日 →