http://readmej.com/

2009 年 06 月 27 日(土)

 マイケルジャクソンが亡くなりましたね。最初に聞いた時にはマジかよっ!?って感じでした。まずはご冥福をお祈り致します。ってか、忌野清志郎が亡くなり、三沢光晴が亡くなり、今度はマイケルジャクソンですか。ここんとこ立て続けですね。

 どんどん英雄がいなくなり、世界がつまらなくなっていきます。常識を作り変えた人たちと言いますか、非常識を貫いてきた人たちと言いますか、そういった人たちが築いてきた枠を広げられた世界の内側に私たちは生きています。いや別に常識をブチ壊そう!とかそんな大それた事は私自身は考えていませんが、そういう偉業を成し遂げてきた人たちを尊敬せずにはいられません。生き残った我々の中から偉大と呼ばれる人はどれだけ出現するのでしょうか。

 もちろん人間は永遠を持っていませんので、全ての人に遅かれ早かれ必ず訪れる死にどう感じるかは非常に難しいところです。私が生きている限り誰かの死を見聞きしていくわけですし、それを防ぐ手段はありません。私が先に死なない限りは。もしかしたら他人の死とは、それを経由して自分の死、そしてその先への恐怖を少しずつ減らしていくためののスパイスなのかもしれません。

 私が思うに、偉大なる人たちよ、ありがとう。


← 前日 翌日 →