http://readmej.com/

2009 年 06 月 09 日(火)

 仕事でWindows7を使ってみました。ん〜、これ、Vistaと何が違うの?ってのが素直な感想です。それもそのはず、だってWindows7ってゆーからカーネル7になったのかと思ったら、カーネルは6.1なんですって。つまりは商売のためだけに出すモノって感じですね。ん?カーネルって何だって?えー、カーネルってのはWindowsとかのOSと実際の物理的なCPUやメモリなどがやり取りするためのOSの基本アーキテクチャだと思ってください。WindowsのカーネルバージョンはVer.1〜3までは地味ーな活動で、Ver.3.1くらいからメジャーになり、Ver.4(95、98、98SE、Me)あたりで一般化、Ver.5(2000、XP)で世界を席巻、Ver.6(Vista)がXPで満足しているユーザを塗り替えれず低迷という現状なわけです。7のくせに6.1とはこれいかに?まーいーや。

 ってゆーかですね、やっとこさ個人用PCからXPが無くなりVistaに世界が移行しようとしているってのに、何でまた新しいのを出すのかサッパリです。余計に世間が混乱するでしょうに。まーそれもあってVistaと大差ないモノ=Vista対応のソフトがそのまま使えるってのを意識したのかもしれませんけど、だったらVista2とかNextVistaとかって名前にすれば良かったんじゃないかと思いませんか?

 私が思うに、私は未だにXPでも充分だと感じるんですけど、どうなんでしょう?


← 前日 翌日 →