http://readmej.com/

2009 年 06 月 06 日(土)

 またウチの会社で情報漏えいがあったんです。shareというwinnyみたいなファイル共有ソフトを使っていて、悪意のあるウィルスに感染してPC内のデータを世界中にバラ撒かれたみたいですね。幸いにして顧客情報は含まれてなかったんですけど、本人の履歴書や職務経歴書が含まれていたようで、2chに載せられた事から発覚したようです。そのPC内のバラ撒かれたデータって何だと思います?実はパンチラ写真や盗撮写真だったみたいなんです。その数、なんと1700枚余り!単に本人が変態だっただけじゃないですか・・・

 会社って大変ですよね。そりゃ社員が数千人もいれば一人くらい変態はいますって。その変態がこれだけ「ファイル共有ソフトは危ない」っていう話が徹底されてる中でそんなもの使い続けて、結局自爆しただけで会社が叩かれるんです。そして他の社員はもっと大変です。そんなバカ一人のために再度全社員が個人所有のPCのP2Pチェックとかをやらされる羽目になるわけです。そもそもそんな人生を滅ぼすような危険性を伴ってファイル共有してまで欲しいものって何ですか?映画?音楽?マンガ?エロ?TUTAYAでレンタルしてこりゃいいじゃないですか。ホント意味が分かりません。

 私が思うに、もし安全だとしても、ファイル共有って本当に必要?


← 前日 翌日 →