http://readmej.com/

2009 年 05 月 13 日(水)

 今日やっと抜針の予定です。抜糸じゃないですよ?抜針です。私の肘の手術にて切り開いた所を止めているのはホッチキスです。7〜8針くらい刺さってるでしょうか。医学は進歩したのか手抜きになったのか。でも鎖骨の手術の時は糸でしたね。釣り糸みたいなビニール系の糸。ん〜違いがわかりません。それも今日聞いてみることにします。言うまでもなく現在左手は吊りっぱなしです。三角巾で。中身は当然ながらギプスです。でも今のギプスってガラス繊維で出来ていて、昔みたいな石膏じゃないんですよ。ガラス繊維の包帯みたいなのを水に浸けてから、予め綿を巻いた腕に巻きつけるんです。乾くと硬くなってカチコチになるわけで、非常に簡単便利です。

 ぶっちゃけ今は腕を吊る必要はないんですよ。とうとう両手でキーボードを叩けるようになりましたし、家にいる間は別にそのまんまです。外出時に腕を吊るのは「ケガ人だよ〜」というアピールなわけで、おかげさまで満員電車でもそうそう押される事もなく、時には「座りますか?」なんて席を譲られちゃったり。もちろん優しさだけ頂いて遠慮しますけどね。とにかく痒いのが難点ですが、これも今日までのガマンです。

 私が思うに、壊れたものは元には戻らないと言われた肘、果たして怪我前にどこまで近付ける事が出来るでしょうか?


← 前日 翌日 →