http://readmej.com/

2009 年 04 月 01 日(水)

 2008年度下期にて、会社がグループ全体で2900億円の赤字決算となりました。いやエイプリルフールとかじゃないですよ?マジバナです。マジで普通の会社ならとっくに倒産です。無駄にグループがデカいと赤字を出した時もすごいものがあります。ウチより更に大きな同業者であるH社は7000億円の赤字決算!その陰に隠れてまだマシかなぁというスタンスもありますが、さすがにヤバいでしょう。

 そんな中、個人的な大問題であった給料削減は私には適用されませんでした。年間100万円くらい減る危険性があったのでひとまず安心ですが、たまたま今回だけかもしれないですしね。まだまだ予断は許しません。もちろん自社の他の子たちは減額されていて、気の毒なので下手な事は何も言えません。いやぶっちゃけ、減額されるなら転職だ!と思っていたので、逆に言えばもう少し頑張ろうかな?と思うのは確かなのです。お金は人をやる気にさせますよホント。だって会社が幾ら赤字を出そうが、私とそのグループではものすごく黒字を出しているわけで、それすら報われない会社に固執する必要は全くないわけでして。更に私自身の会社は出向先から見たら吹けば飛ぶような小さな会社なわけであって、組合も何もあったもんじゃないわけでして、だからこそ死守するとこっていうか最後の砦が給料なわけですから。

 私が思うに、正直言えば、給料を減らされる人は給料を減らされる程度の仕事しかしてないんじゃないかと思う民主主義。


← 前日 翌日 →