http://readmej.com/

2009 年 03 月 29 日(日)

 最近、身内でワンクリック詐欺が流行っているんですよ。とか言うとものすごい誤解を受けそうなのでちゃんと説明すると、財布からお金を出さずにマウスクリックしてるだけで買い物が出来ちゃう危険なシステムを活用してる人が多々いるわけです。まーぶっちゃけヤフオクや楽天やAmazonですよ。

 私もお店に行くよりネットショッピングの方が好きで、何しろ数千件のお店が出品している数十万点の品物の中から目的のものをホンの数秒で探し出せちゃうんですから。足が棒になりそうなくらい必死でお店を回らなくたって、コレが一番安い店!なんてのがソッコーなわけです。もちろんデジタル画面では判らないサイズや質感なんてものも当然あるわけで、そういった意味ではリアルなお店の存在価値も充分あるわけです。それにネットで購入すると送料がかかるわけで、もちろん高額商品は送料無料ってのも多いですが、逆に言えば安いものを買うのに送料がかかって結局高くなるなら意味が無いんですよね。

 これらの意見をまとめると、1円〜千円程度のものを扱っているお店や食品などの鮮度が必要なお店はリアルに生き残り、数千円〜数万円の商品を扱っているお店は単なる展示場と化していく、という事です。

 私が思うに、デジタルな便利はリアルな世界を荒廃させていく恐ろしい時代です。


← 前日 翌日 →