http://readmej.com/

2009 年 02 月 19 日(木)

 さて診察に行った話でしたね。病院で待たされること1時間、ようやく診察です。まずは触診。救急病院でやられたように、ここでも足をグリグリやられます。そして「高いところから飛び降りたりした?」とか「急に足を伸ばした?」とか聞かれました。心当たりありまくりなので素直に先生に話したら、「とりあえず歩けるようになった時点で菌やヘルニアのせいじゃないだろう」との事です。ヘルニアの心配をしていた私はコッテリ安心です。でも「まぁ間違いなく靭帯だね」と言われ?ほえ?って感じです。いや痛いのは靭帯じゃなくて股関節なんですけど!と言うと「腸腰筋にも靭帯があるんだよ」と言われ、何か色々と説明してくれましたが全然覚えれませんでした。かろうじて覚えている事は「腸腰筋という筋肉があるわけじゃなく、その辺の筋肉や靭帯を総称して腸腰筋と呼ぶ」的な内容だけです。そして「MRIで原因の特定は出来るけど、仮に痛みの犯人を見つけても今できる事は安静しかないよ」と言われました。もちろんそんなん言われてわざわざMRIなんてやりません。安静安静。

 さてついでに左鎖骨のレントゲン。もーバッチリ治ってました。ただ再骨折のせいで曲がってますけどね。右の鎖骨も折れて引っ張って治したせいで曲がってて、つまりはタダでさえナデ肩な私はより一層なナデ肩となり、生涯片肩に荷物を担ぐ事が出来ない身体になりましたとさ。めでたしめでたし。

 私が思うに、親からもらったこの身体、ボロボロにしてしまってスミマセン(;_;


← 前日 翌日 →