http://readmej.com/

2009 年 02 月 16 日(月)

 えー、とある男性がいました。その人は44歳、専業主婦と高校生の娘と中学生の息子を持つ、ごく一般的なサラリーマンです。半年以上前になりますか、とある日、いきなり会社に病院から電話がかかってきて呼び出されたらしいんです。「いま病院なんだけど、大切な話があるので今すぐ旦那を呼んでくれだって」とか。何だろ何だろ?と思いながら早退し、最悪のシナリオを考えて病院に駆けつけたんですって。・・・最悪のシナリオ通りだったらしいです。奥さんがガン告知。血液のガン?脊髄?よく判らないんですけど、もういきなり入院です。自分の骨髄を取り出して、身体に抗癌剤を打って、取り出した骨髄を移植・・・といった手術をして、先日やっと退院したらしいんですね。子供がもう大きいのとガン保険に入っていたのが幸いだったらしく、家事にもそう大きな負荷はかからず、1本5万(保険適用されて)もする注射を2〜3日に1回、何ヶ月も打っていても何とか支払えたらしいんです。ただ、髪は無くなり身体は痩せこけ、1ヶ月で奥さんは別人になってしまったそうです。治るのか?いや残念ながら今の医学では治らないそうです。ただ、余命は平均して数年はあるとの事で、「希望を捨てないで下さい。数年の間に新薬が出る可能性もあるのです」との事。

 そんな訳でちょくちょく仕事にならない事もあるので、申し訳ないんですが・・・と言ってきたとある男性は、実は会社の同僚です。そんな人に仕事を振れないっしょ!

 私が思うに、世の中には理不尽な不幸が多くて、本当に気の毒でなりません・・・。


← 前日 翌日 →