http://readmej.com/

2009 年 01 月 04 日(日)

 空前の禁煙ブームが去り、大掛かりな分煙時代へと突入しております。一時期は禁煙カラオケや禁煙パチンコまで出来たんですけど、商売あがったり、ぜーんぜんお客さんが来なくなっちゃったもんですから、今は喫煙席と禁煙席に分けてるのがスタンダードです。ファミレスに入ったら喫煙席or禁煙席と聞かれるのは当たり前、誰も何も疑問を抱きませんね。そもそも喫煙は飲酒と同じで大人全員の嗜好品だったんです。だからこそ灰皿の無い車なんて無かったわけですし、お茶菓子と灰皿はセットでこたつの上にあるのがスタンダードだったわけでして。

 行きつけの宿が、全室禁煙というのを始めちゃいました。先週まで部屋で吸えたのに今週からNG!タバコはフロント横の喫煙コーナーオンリーです。何ですかこの時代に逆らった動きは?いやもちろん自分が不快な臭いを撒き散らしている事は重々理解しています。でもサービス業でしょ?宿って。部屋で一服出来ない=寛げないじゃないですか。未だ大人の半分くらい喫煙人口がいるわけですから、分煙にすべきでしょう。喫煙部屋と禁煙部屋に分ければいいだけだと思うんです。それで予覚の際に喫煙部屋と禁煙部屋とどっちがいいかを聞けばいいわけですよファミレスのように。案の定、その宿の夜はフロント横の喫煙場所で宴会しているグループがいました。そこに一人参入して一服する肩身の狭さと言ったら・・・

 私が思うに、酒とゲロの臭いが嫌いな私は、禁酒部屋を作ってほしいです。


← 前日 翌日 →