http://readmej.com/

2008 年 12 月 24 日(水)

 もうすぐ年末年始です。欧米ではメリークリスマス&ハッピーニューイヤーで12連休が当たり前とか。どうしてそこを繋げるのか意味不明ですが、私もスタンダードに行けば9連休くらいは確保できそうなはずなんです。うるう秒対応さえ無ければ。

 どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、グリニッジ標準時の2008年12月23日23時59分に60秒が設けられます。日本は+9時間なので、2009年1月1日8時59分60秒が存在する事になります。ですが言うまでもなく時計には60秒という存在は無いのです。59秒の次は0秒です。ですので2009年1月1日9時0分0秒が2秒間ある事となります。普通に生きていれば1秒なんて大した問題ではないのですが、この1秒が非常に大きな問題をもたらす可能性があるんです。これについては今度細かく説明しますけど、とにかく世の中のシステムが時間を基準に動いている限り、また想定外の動作をしなければならない事に多々問題があり、一介のシステム屋としては頭が痛いわけです。

 私が思うに、年月日時分秒という単位系、やめちゃいませんか?


← 前日 翌日 →