http://readmej.com/

2008 年 08 月 07 日(木)

 「ガソリンは満タンにしない方が燃費がいい」あなたはこの神話を未だ信じていますか?いや友達のコメントにケチをつけるつもりはありませんが、この神話を信じている人が多いのでネタにしようかと。ネタの提供ありがとうw

 「じゃあガソリンは満タンにしても半分にしても燃費は変わらないの?」と言われたら『当然変わります!』という答えになります。神話じゃないジャン!いやでも、あなたは本当にその理屈を理解していますか?理屈は単純で、重量のあるものを動かすと重量に比例したエネルギーが必要となるから、なんです。じゃあやっぱり軽いほうがいいに決まってる!と、どうしても気になるなら変動するガソリンの重さよりも、常に乗る運転手が10kg減量した方が確実ですって。しかも半分消費したら半分入れたのと同じ状態になるわけで、その恩恵はガソリンが半分減るまでしか得られません。そんな事よりガソリンスタンドに頻繁に寄る工程分だけ無駄に走るので、燃費はかえって悪くなる可能性の方が高いんですね。むしろ2千回転を超えないとか、なるべくニュートラルで走るとか、車からボードやゴルフバッグやジェットバッグやらキャリアやらの重量や空気抵抗になるものを下ろす、などの方が確実に燃費は良くなります。

 私が思うに、そもそもなるべく車を使わない!これが一番の低燃費ですけどね。


← 前日 翌日 →