http://readmej.com/

2008 年 07 月 18 日(金)

 普通に勤めに出ている人なら、毎日履くと思います。靴。幾らクールビズになってもスーツが制服のサラリーマンは革靴を履かなければならないのです。ネクタイから開放されても靴からは開放されず、悲しいサラリーマンのSAGAですよね。

 そもそもサラリーマンの靴の寿命ってどのくらいなのでしょうか。1ヶ月で履き潰す人もいれば1年以上持つ人もいると思うのですが、それは内勤と外回り営業(しかも電車移動だったり)で全然違うのは確かです。私は内勤メイン、週に数回外出するという程度で、しかも会社ではドクターサンダルみたいな一見靴に見えるサンダルに履き替えていますので、靴の消耗はかなり少ないはずなんです。通勤の朝晩2時間がメインって事ですからね。また、2足を交互に履いてるので、一層消耗は少ないはずなんです。さらに私は基本的に革靴なんて買いません。革靴“風”の安っぽいやつですね。だって靴なんて消耗品だと思っているので、リーガルなんて履いたって満員電車で踏まれたら意味ないですし。まぁ正直、居酒屋で靴を脱ぐ時に他がみんなリーガルだとチョット寂しくなりますけど、ヨレヨレのリーガルより綺麗な無名の方がまだマシな気がするんです。

 私が思うに、どこまで壊れたら靴って買い換えるんでしょう?


← 前日 翌日 →