http://readmej.com/

2008 年 06 月 02 日(月)

 週末は岐阜でした。一周忌なんです、親戚の。先週は結婚式、今週は法要、冠婚葬祭盛りだくさんですよ。言い換えれば先週は御祝儀、今週は不祝儀、出費が盛りだくさんですよ。いやぁ大人になるってお金がかかるって事なんですね。もちろんこういうのって気持ちの問題なんでしょうけど。

 気持ちの問題と言えば、親兄弟親戚間で必ず見られる「ここは払うよ」「あーいいウチが」「いやいや今回は」「大丈夫ですって」「いやほんと」みたいな不思議な事象、つまりレジ際の伝票の奪い合いだったり、別れ際のお金の押し付け合いだったり。あれは一体何なんでしょう?と子供の頃からずっと思っていました。そんなん払ってもらえるなら払ってもらえばいいのに、奢ってくれるんなら奢ってもらえばいいのに、と。だが時は経ち、今じゃ雑誌のカヴァ・・・いやいや私もいい大人。週末は親兄弟親戚に「いやいや」「いいから」「だいじょうぶ」という押し問答を何回もやってきました。別に金が欲しくないわけではないのです。むしろ金なんて幾らあっても困らないでしょ?ただ身内から貰いたくないんですよ。自分が「金が欲しくないわけがない」んだから相手も当然そうなはず、だから出させたくないって理論が当たり前になったのいつからでしょうか。

 私が思うに、欲しくても貰えない子供、欲しくても断わる大人、無意味な日本人美学です。


← 前日 翌日 →