http://readmej.com/

2008 年 05 月 16 日(金)

 何でも出来るぐーぐる先生、以前電卓とか通貨換算とか単位変換とかカロリー計算とか、イロイロ出来ちゃうんですと紹介した事がありました。しかしそれを扱うのが人間である限り、入力した値が間違っていたら意味が無いわけです。

 ぐーぐる先生の偉大さはまだあります。それがインテリジェント検索と呼ばれるものです。例えば「にちゃねる」と検索すると、「もしかして: にちゃんねる」と正しい値を教えてくれるんです。これがまた便利な機能で、「コミニュケーション」なんて入れても「もしかして: コミュニケーション」と教えてくれますし、うろ覚えな「あれ?相武沙紀だっけ?」なんて入力しても「もしかして: 相武紗季」と教えてくれるわけです。そして「結婚しない男」と検索すると・・・

 私が思うに、人間の間違いすら補填するコンピュータ、行き着く先はドラえもん?


← 前日 翌日 →