http://readmej.com/

2008 年 04 月 20 日(日)

 昨日の続きです。当然ながら最初は渋ってたんですが、彼がまたイイ人で親身になってくれたんです。ま、それも作戦でしょうけど。しかし、一旦付いた違反は警察では消せないそうなんですよね。よくエライ人がコネで違反をもみ消すとか言いますけど、アレって本庁のコンピュータに登録前じゃないと無理らしいです。もしくは処分庁のエライ人がハンコ押して「消してもいいよん」ってやるか。フツーは一旦登録されてしまったら行政処分に対し異議申し立ての裁判をするか、警視庁に対して損害賠償請求の裁判をするか、いずれにしろ裁判をしなきゃいけません。行政や警察と裁判して勝てるわけがありません。警察官の「事実です」それだけで有罪ですから。何しろ私の違反は平成16年、つまり4年も前なんです。そりゃどうにもならないわけでして。

 そこで彼が言い出します。「これは独り言なんだけど、裁判でお金を払って1年以上争って、結局勝つかどうかも判らない。だったらあと1年何も起こさず安全運転で、違反日から5年経過した後に限定解除でもすれば、簡単にゴールドに戻るんじゃないかなぁ?限定解除もオマケで付いてくるし」ウマイっすねこのオッサン。まんまと口車に乗せられてブルーになってしまいましたとさ。

 私が思うに、何をどうしても警察には勝てない今のシステムを変えるには自分が政治家か高級官僚になるしかない?


← 前日 翌日 →