http://readmej.com/

2008 年 04 月 12 日(土)

 思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「去年は残業が多かったから年収が300万を超えたんですよねー」と私と同じ歳の同僚が語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「半年間ダイエットして、やっと70kg台まで戻ったんだよ」と身長160cmの上司が語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「親が過労で倒れ、二世帯ローンを背負わされてローンがあと2000万ある」と40過ぎの主任が語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「娘が間違えて風呂に入ってきたのに娘に嫌われた。目が悪くて何も見えなかったのに」と開発部の課長が語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「下の子が私立幼稚園に受かっちゃって、小遣いが2万に減らされた」と隣の部署の知り合いが語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「靴を買い換えるお金が無いから靴が臭い、いや足が臭い」と異動した元上司が語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「財布に300円しかないけど社員証で何とかメシが食えるから助かるよ」と営業の知り合いが語っていた。思いがけず、自分が恵まれてるかも?と思った時。「生まれてこの方、女の子と手を繋いだことが無い」と女だらけの計画部の主任が語っていた。

 私が思うに、悲しい時は悲しい話を聴きましょう。自分が幸せに思えてきますから。


← 前日 翌日 →