http://readmej.com/

2008 年 03 月 02 日(日)

 「お世話になっております。」お客さんへのメールは必ずここから始まります。もっと丁寧な状況で送らなければならない時は「平素より格別のご高配を承り、誠にありがとうございます。」なぁんて文章から始まるわけです。すんげー無駄ですよね。何でビジネスの世界ってこんなウザイ形式ばったものがあるんでしょうか。「ども!」くらいでイイじゃないですか!ねぇ。

 1年のうち366日くらいキーボードを叩いている私は、私生活ではこのつぶやき、仕事ではやっぱりメールを書く事が一番多いです。毎度毎度お世話になっておりますなんてウザくて書いてられないので、メールの新規作成またはメールに返信すると、自動的にこの文章が出てくるようにしています。もちろん文末には「本件、ご確認の程よろしくお願い致します。」なんてのもついでに付加するんですけどね。英語では“Hi,”と“Best Regards,”がデフォルトです。日本語に比べると随分とフランクですよね。

 私が思うに、ビジネスだからこそ余計な事は極力書かず、単純明快にした方が相手も楽だと思うんですけどね。


← 前日 翌日 →