http://readmej.com/

2007 年 10 月 17 日(水)

 OSスピン続編です。えー、回転系をやらない人、これから始める人などによく聞かれるのが「どうしてトゥ抜けとかヒール抜けとかするの?」という内容です。簡単に言えばワンローテで(フルロックで)回したいからです。

 ヒール抜けはバックサイドターンの延長で回ります。正確にはちょっと違くて、バックサイドターンをしようとする板の流れを押さえ込んで、抜ける瞬間に開放するわけです。もちっと詳しく話すと、スノーボードはヒールエッジに乗るとバックサイドにターンするように出来ています。サイドカーブのおかげですね。まぁつまりヒールエッジに乗ってるとボードはバックサイドに勝手に曲がるのですが、それをボードのフレックスに反発するように右足で押さえて、曲がらないように溜めるわけです。溜まったフレックスとバックサイドへの曲がろうとするGをオーリーと同時に開放する事により回転力にするんですね。もちろん上半身や顔の振りも重要ですけど、このフレックスの戻りによって板は平行に回りやすくなるんです。長くなったので続きはまた今度。

 私が思うに、スノーボード上達の道は、理屈の掌握と実践です。


← 前日 翌日 →