http://readmej.com/

2007 年 09 月 12 日(水)

 とうとう東京都もスペシャルな焼却炉の運用が始まります。そう、プラスチック類は全て燃えるごみになるのです。今の燃えないごみの9割はこのプラスチックなので、今後の燃えるごみは豪快に増えて、燃えないごみは劇的に減る事になります。それを見越してか、今後は燃えるごみの収集が週2回→週3回へ、逆に燃えないごみの収集が週1回→隔週1回へと変更になります。

 県によってはとっくにプラスチックは燃えるごみとして扱ってると思うんです。東京都は遅れてますよね。んで、この運用が始まるのが10月からなわけですけれども、ぶっちゃけ10月からは燃やせるものを今は燃やせないとして埋め立ててるわけじゃないですか。1回の収集日で都全体ではモノスゴイ量の「将来は燃やせるはずのごみ」が出るはずなんです。したらば都民があと3週間は燃えないごみを10月まで出さない!って頑張ってすれば、それだけ地球に優しくなるもんなんでしょうか?どうなんでしょう?

 私が思うに、そもそも人間が消費をする時点で地球に優しいわけが無く、地球に厳しいが軽減するだけなんでしょうけれども。


← 前日 翌日 →