http://readmej.com/

2007 年 09 月 07 日(金)

 よく「文字によるコミュニケーションは難しい」と言います。私自身それを何度か実感した事もあります。何らかの誤解を生み、ケンカっぽくなり、ごたごた・・・エエ、確かにそうでしょう。けれども最近はちょっと考え方が変わってきました。

 普段から冗談と真面目を半々に、いや7:3くらいで織り交ぜている私の会話は、慣れてる人は気にならないかもしれませんが慣れてない人は困るようです。しかし文字には、最近ではその状態を表す顔文字や絵文字があるわけです。いや単にwを付けるだけでもすごく会話の内容が違うんです。例えば「アホか。」なんて書いたら怒ってるのかバカにされてるのかと思ってしまいますが、「アホかw」って書いたら別に何とも思わないでしょ?実際の会話だと笑いながら「アホか」と言ったら笑い話ですけど、表情の判りにくい人や感情表現の乏しい人が言ってたらどうでしょうか。それがどちらの意味なのか相手には判らないですよね。でも文章であればどんな人であれwを付ける事が出来るわけです。

 私が思うに、顔文字絵文字とかって、既に文章コミュニケーションには欠かせない必須アイテムです。


← 前日 翌日 →