http://readmej.com/

2007 年 08 月 28 日(火)

 そう言えば、友達に出されていた宿題を忘れていました。その宿題とは『三連複の確率計算方法は?』です。競馬をやらない人は三連複とは聞き慣れないかもしれませんが、三頭立て連勝複式ですね。順を追って考えましょう。

 まずは連単(連勝単式)の計算を考えてみます。サイコロ二つ振って出る数字は単に6*6ですが、競馬では同じ数字(1-1、2-2)は有り得ないので、y=x*(x-1)。8頭なら8*(8-1)=56通りとなります。じゃあ連複(連勝複式)の場合です。単純ですね、1-2と2-1は同じわけですからソレをひとまとめに、言い換えれば単に2で割るだけです。y=(x*(x-1))/2。8頭なら(8*(8-1))/2=28通りです。では三連単(三頭立て連勝単式)です。今度は3次元になるわけですから、同じ数字(1-1-1、1-1-2)を除外するだけです。つまりy=x*(x-1)*(x-2)です。8頭なら8*(8-1)*(8-2)=336通りですか。じゃあ本命の三連複です。連複が3頭の三連単分(1-2-3、1-3-2、2-1-3、2-3-1、3-1-2、3-2-1)の6通りになるわけですからソレをひとまとめに、つまり6で割ってやればいいんですよね?つまりy=(x*(x-1)*(x-2))/6。8頭なら(8*(8-1)*(8-2))/6=56通りです。合ってますか?コレでいいですか?>友達

 私が思うに、こーゆーコトは理系の人にやらせるべきでは?


← 前日 翌日 →