http://readmej.com/

2007 年 06 月 25 日(月)

 死後硬直って聞いたことがあると思います。人間が死ぬと段々と身体が硬くなって固まる現象です。よく刑事ドラマなどで、死体の死後硬直を見て死後何時間経っているとか判定するのに使われたりします。通常は死後2時間くらいから始まり、12時間ほどで最大の硬さになり、30時間ほどから再度軟らかくなり始め、90時間ほどで完全になくなるそうです。もちろん例外もあり、運動中に死んだ場合はスグに硬くなるとか(弁慶の立ち往生とかがコレだと言われます)入浴中は発生が早い(体温に関係するらしいです)とかあるらしいですけどね。

 この死後硬直、特に人間にだけあるものじゃありません。動物全般、つまり牛や豚などにも当然あるのです。ですから魚は新鮮な方がおいしい、牛肉は新鮮じゃない方がおいしいと言われる所以です。でも同じ肉類、つまりたんぱく質ですよね?だとすると魚にだって死後硬直はあるはずなんです。

 私が思うに、魚肉は固い方がおいしい、牛肉は柔らかい方がおいしい、ってコトなんでしょうか?


← 前日 翌日 →