http://readmej.com/

2006 年 12 月 20 日(水)

 そいつは滑りも飛びも、上手くはないにしろ下手でもなく、ソコソコのレベルです。そりゃそうです。ボード歴は十年以上、イントラの資格も持っています。先日とあるゲレンデで、なーんにもない緩斜面でそいつがコケました。まぁどんなに上手い奴でもコケることはあるでしょうけど、ゴンドラとリフトの単なるつなぎコースですよ。よっぽど雪が好きだったようで、思いっきり地球にキスしたらしいんです。残念ながら雪はそいつのことあまり好きでは無かったようで、顔面血まみれになっちゃいました。そして折れちゃったみたいです。ポッキリと。シーズン初めにいきなりかよ!?って感じです。どこがって?心がです。そいつの名前はツェットって言うんですけどね・・・

 言い訳は山ほどありますよ。アイスバーンだったとか、波打ってたとか、左足の調子がイマイチだったとか、初滑りだったとか、エッジが丸いとか。でも何にも無いところでレギュラーでフロントサイドのターンをしていただけですよ?唇は腫れ上がり、みんなにはチョーさんと呼ばれる始末です。もちろんカリッカリのアイスバーンだったからこそこんなひどい顔になっちゃったわけですけど、せめてコケる時に手を付くくらいは出来なかったもんなのかと思っちゃいます。いやホントにぶっちゃけ、コケた事に気付かなかったくらいでして、気付いたら顔がイテーみたいな。冷やそうと思っても雪が硬くて手ですくえないみたいな。血と一緒にテンションも流れ出てしまって、散々な初滑りでした。一緒にいた方々、ご迷惑をおかけしまして申し訳なかったです・・・

 私が思うに、雪はトモダチではなく、宿敵です!


← 前日 翌日 →