http://readmej.com/

2006 年 12 月 07 日(木)

 会社の電話がIP-Phoneになりました。IP-Phoneとは従来の電話線を使ったアナログ通信の電話ではなく、携帯電話と同じデジタル方式の電話です。つまり電話線の代わりにLANケーブルを繋げて使うものですね。Skypeなどを使ってる人はスグ判るでしょう。でも固定機なので、ミテクレは従来の電話と何ら変わらないんですけどね。その代わり固定機はPCに繋がなくてもそのまま使えるので、PCの電源を落としてしまったから繋がらないとかそういった事はありません。でもまぁ、わざわざIP-Phoneにした意図がサッパリ判りません。いつもながら偉い人の考えている事は(以下略)

 何も変わらないなら別にいいじゃん!という話もありますが、問題はあるんですよ。例えば、音声通信は数キロ程度なので一人二人なら大した問題じゃないのですが、みんなが使っていると会社のネットワークに多大な負荷がかかります=ただでさえ遅い会社のネットワークが一層遅くなるわけです。また、万が一会社のネットワークに障害が発生して使えなくなった!という時に電話で連絡する事すら出来ないわけでして。どうするんでしょうね?

 私が思うに、物事は無理にひとつにまとめない方が便利な気がするんですけどね。


← 前日 翌日 →