http://readmej.com/

2006 年 11 月 12 日(日)

 漫画家・・・というよりクイズダービーで有名だった、はらたいらさんがお亡くなりになったそうです。心よりご冥福を申し上げます。でもビックリですよ。まだそんな大層な年齢じゃなかったはずなのに。

 はらたいらさんは別段、変わった人でも個性があったわけでもないはずなのに、非常に有名な方でした。もうクイズダービーが終わってから随分と経つと思います。中には知らない人もいるのではないでしょうか。クイズダービーは一風変わったクイズ番組でして、今そのへんにあるようなクイズ番組は、一般の方やゲストまたはレギュラー芸能人などが答えて正解率を競う番組ですよね。クイズダービーは答える芸能人はゲストを除いてレギュラーでして、一般参加者はクイズに答えるわけではないんです。解答する芸能人の中から誰が正解するか?を競う番組だったんですね。正解率の高い人には低い倍率が付いて、正解率の低い人は倍率が高い、つまりその名の通りダービー(競馬)だったんです。その中でもはらたいらさんは常に二倍、ラストチャンスのさらに倍!の時でも四倍にしかならない、つまりそれはどういうことかと言うと正解率のスゴク高い人=非常にアタマのイイ人だったんです。最初から最後まではらたいらさんに賭けてれば絶対負けないっていうくらい。参加者は誰でも答えられそうな問題なら倍率の高い人に賭けて、難しそうな問題ならはらたいらさんに賭けるっていうのが相場だったわけです。あの番組、また再開したら面白いと思うんですけどねぇ。

 私が思うに、アタマのイイ方でも死だけは避けられないコトなのが寂しいところです。


← 前日 翌日 →