http://readmej.com/

2006 年 10 月 22 日(日)

 友達と遊びに行って、なんか買い物をして、とりあえず全部立て替えておくわけです。そして清算とかで、一人\800とかになったりしますよね。こっちは準備万端で万券が来てもOKなように千円札やら小銭やらを用意してあったわけです。そんな時に限って、みんなきっちり\800を出してきたりします。ありえないほど小銭王になり、二つ折りの財布が二つに折れなくなったりします。ほんとにウザいので、Suicaのチャージでバシバシ投入です。じゃらじゃらと他人から見たら非常に怪しい行動なんですけど、小銭を入れまくって調整で千円札を入れて、一万円分チャージしました。やっと財布が軽くなって大助かりです。

 という話を友達にしたところ、「一万円チャージ!?考えられない」と言われました。ソイツが言うには「千円でも悩む。何で五百円チャージがないんだろう?」なんだそうです。えっと、五百円なんて一回乗車したら使い切るじゃないですか。それなら切符を買えばいいだけでSuicaの意味が全く無いような気がするんですけど。個人的には二万円という限度額すら少なくて面倒なんですけど、そういうもんなんでしょうか?

 私が思うに、同じ都内に住んでいて同じ設備を使っていても、こんなに考え方が違うものなんですねぇ。


← 前日 翌日 →