http://readmej.com/

2006 年 10 月 17 日(火)

 新聞を読んでる人って最近はすごく減りましたが、それでもやっぱり日本人の情報源は新聞という人が多いと思います。もちろんTVもあると思いますが、TVは情報源というより娯楽の方が多いでしょうね。新聞を読む事が娯楽な人も稀にいるのかもしれませんけど。

 新聞というのは、言うまでも無く新聞発行会社が発行しています。その発行会社は当然民間であり、つまり商売です。ですから製作者は「読者のためになる情報を」だなんて事はカケラも考えていないはずで、考えている事はTVと一緒で視聴率の代わりに購買部数を伸ばす事が第一だと思います。他社を抜いた、抜かれたなんて事ばかりじゃないでしょうか。もちろん新聞に載っている事が間違っている事は殆ど無いでしょう。でもそれが全てというのは全然違うと思います。売れる記事、読者に喜ばれる(良い意味でも悪い意味でも)記事を優先して率先して掲載しているだけであり、自分にとって本当に必要な情報は載っていないかもしれません。

 私が思うに、インターネットのように自分の欲しい情報が好きなように手に入る世の中、新聞の需要は減る一方です。


← 前日 翌日 →