http://readmej.com/

2006 年 09 月 14 日(木)

 時々いるじゃないですか、カラオケに行っても歌わない人。どうしてなんでしょうね。歌が嫌いなのかな?と思えば運転中に口ずさんでたりはするらしいんですよ。根本的に歌う事そのものが嫌いな人って皆無だと思うんですけどね。自分の歌に自信が無いのかもしれません。

 とはいえ私も18歳の時に、今も忘れない恐怖の思い出があります。当時最先端のマシンで自分たちが歌ったものを録音してその場でCDになるというサービスがあったんです。そりゃすごいじゃないですか。もちろん一緒に行った職場の人たちと作りましたよ。さっそく帰りの車でみんなで聴いて、驚愕です。誰だこの果てしないオンチは!?私でした。いやもー聴くに耐えない半端なき音痴。それから数ヶ月、カラオケに行っても歌わない日々が続いたのは言うまでもありません。でも、とある時に気が付いたんです。カラオケは自分でお金を払って楽しみに行くところなんです。自分が歌って楽しければそれでいいじゃん!と。一緒に行った人たちに聴き惚れさせるなら、それは金を貰う立場のプロですよ。金を払ってるんだから音痴でもイイじゃないか!と開き直りましたね。私と一緒にカラオケに行った事がある人、騒音を撒き散らしてすいません。でも私が楽しんでるので我慢してください。あなたの音痴も我慢しますからw

 私が思うに、歌は全人類過去未来共通のエンターテイメントです。


← 前日 翌日 →