http://readmej.com/

2006 年 09 月 09 日(土)

 ちょっと遊びの方でみんなで企画とかを立ててまして、仮にそれが遊びでもやっぱりデキル人とデキナイ人っていうのが見えてくるわけです。デキナイ人ほど言い訳が多く、忙しいだのテンションが上がらないだの言い出すわけです。イイ歳した社会人なんですから忙しいのは当たり前なんです。みんな忙しいんです。時間を作るのも才能ですよ。自分が楽しくなかったり思い通りにならなかったらテンションなんて下がるに決まってます。全てが思い通りに行くと思ったら大間違いです。いやほんと、そういう人の仕事っぷりも容易に想像つきます。そんな中でデキル人はやっぱり仕事も出来そうで、何も与えられなくても自分から動く積極性を持っています。

 今の仕事、マジで人手が足りずにヤバい時期でして、デキル君に冗談半分で「ウチの会社に来ない?」と言ったのです。冗談半分ですから、逆に言えば半分本気なんです。その場では良い返事が来なかったのですが、後に「あれって本気?」と訊かれました。何でも遠くへ転勤になり、やってらんねーと思って今の会社を辞めようかと思ったらしいんですね。やっぱり“今しか出来ないボード”と“将来の安定性”とを天秤にかけて困っているようです。これは本当に難しい問題です。

 私が思うに、デキル人ほど人生に悩みます。


← 前日 翌日 →