http://readmej.com/

2006 年 09 月 05 日(火)

 もう世間はホリエモン一色です。何が決まるわけでもない初公判で大騒ぎですね。出てきた内容も元々の話と全然変わらず、言った言わないという確証のない事が焦点になってるわけです。

 別に私はホリエモンの味方をするつもりはサラサラありませんが、どうもこの裁判はよくわかんないんですよね。一番の問題はやった事が法律違反だったという事なはずです。でも世間は単に『成り上がった彼が叩きのめされる所を見たいだけ』に感じます。パンピーのひがみ精神とでも言いますか。だって会社に損益を与えたとかいう内容だったら金かえせ〜!って問題になるわけじゃないですか。でもホリエモンはライブドアに損益なんてカケラも与えてないような気がするんです。むしろ彼というキャラがいたからこそあれだけ知名度が上がったような気さえします。もちろん法律違反が悪くないとは言いませんが、誰も損してないのに裁判であーだこーだってのがおかしいですよね。そりゃ株で損した人はゴマンといるわけですけど、そんなの何の銘柄を買っていたって起こりえるわけでして。損がイヤなら(企業も含めて)株なんてやんなきゃいいんですよ。損する可能性があるからこそ儲かる可能性もあるわけなんですから。

 私が思うに、他人の不幸なんて蜜を探してる暇があったら、自分の利益という蜜を探せばいいだけなのに。


← 前日 翌日 →