http://readmej.com/

2006 年 08 月 10 日(木)

 DirectXとは、Microsoftのマルチメディア系APIです。もっと優しく説明すると、3Dグラフィックスなんかを動かすためのWindows追加キットといったイメージですね。対してActiveXとは、同じくMicrosoftのインターネット系の技術戦略を指す用語で、具体的なモノの名称ではありません。優しく説明すると、いくつかのアプリケーション同士が色々な動作を手をつないで行うイメージですね。

 確かに、このふたつ、名前が似ています。しかもどちらも、例えばWORDやEXCELのように目に見えて判るアイテムではないもんですから、判らない人にはとんと判らないでしょう。さらに類似名としてDivXというものもあります。コレはビデオ系コーデックの入った製品名称ですが、コーデックだけ無料配布されているのでまた混乱が生じやすいです。これらのモノが詳しくない人に混乱を生む一番の原因は、はっきり言ってメーカにあります。何もこんなややこしく類似した名称を付けなければいいだけなのに。だからわからない人を責める気にはなりませんね。

 私が思うに、多岐な技術は素晴しいのですが、誰でも判る簡単な名称を選んで欲しいものです。


← 前日 翌日 →