http://readmej.com/

2006 年 07 月 01 日(土)

 メールをサーバに置いておくという意味が判らないそうなんです。んー、最近はケータイでメールが当たり前なので概念的にも理解されてるもんだと思ってましたが、復習の意味で説明してみます。

 メールというのは自分の端末(PCやケータイ)で書きますよね?そして相手に送るんですが、相手にいきなり届くわけじゃないです。PCなら自分の契約しているプロバイダ、ケータイなら各キャリアのサーバに届くんです。つまりこれが郵便ポストです。それを郵便やさんならぬSMTPという便利なもんが相手のプロバイダのサーバまで色々なサーバを経由して配達してくれるわけです。んで相手の人が、PCならメーラ(例えばOutlookExpressなど)、ケータイならケータイに実装されているメーラがそのサーバからダウンロードして、相手の人はメールを読めるわけです。理解了解?

 でもいちいちメールをダウンロードしてると、そのうち自分のPCのハードディスクがいっぱいになっちゃいますよね。そこでサーバに置きっぱなしなのがYahoo!みたいなWebメールというやつです。自分のPCにダウンロードすることもなく、サーバ上に置いてあるメールを読めちゃうわけです。それなら自分のPCの容量なんて気にする必要もないですし、自分のPCじゃなくてもいいわけですハイ。

 私が思うに、今度気が向いたらシンクライアントというものの説明もしちゃいます。気になる人は予習しておくようにw


← 前日 翌日 →