http://readmej.com/

2006 年 05 月 06 日(土)

 考えておきましたツェット式英語上達法!いや考えましたね!ベスト5です!さぁいってみよー!

 第五位:辞書との闘い!結構イイのが英英辞典、つまり英語の国語辞典です。判らない単語があったら、それを英和辞典じゃなく英英辞典でひくんです。そうするとその説明も別の判るかもしれない英語でかいてあるのです。但し、ひいた先の文章も判らんという無限地獄にハマる場合もありますので難易度は高いです。また別の手段として、英和辞典でひいて意味の判った単語を和英辞典で引くというのもあります。例えば"marvelous"を英和辞典でひくと「すばらしい」と出てきます。そしたら今度は「すばらしい」を和英辞典でひくんです。そうすると"wonderful"と出てくるわけです。そう、英単語の意味を英単語で覚えていけるわけですよ。

 第四位:出かける!もうとにかく街をうろつく。見るもの聴くもの全て英語なだけで、自然と身体に英語が染み付いてきますよ。私も用もないのにお金も無いのに、街を一人でフラフラしまくったもんです。スーパーも行きまくりましたし、カジノも行きまく・・・おっとっと。でもお店の人と挨拶や会話ができた時は嬉しかったですね。最初はマックのドライブスルーでポテトを頼むだけでも大変でしたよ。

 第三位:原住民または日本人以外の友達を作る!日本人同士でも極力日本語を使わないのがベターです。やっぱコミュニケーションが英語オンリーだと、イヤでも英語を喋りますから。私も現地学生とエクスチェンジ(日本語教えるから英語教えて)をやって、日本のアニメやゲームの会話で盛り上がったりですごくタメになりました。元学校の先生や同じ学校の台湾人たちと友達になって、ハイキングやボートに乗りに行ったりしたのも楽しかったですね。遊んでる中で自然と出てくる言葉ってのが重要なんです。

 第二位:英語のゲーム!私はプレステのFFVIIとゲームボーイのポケモンです。当然全部英語。意味わかんないと先に進んでも全然わかんないから必死ですよ。でも映画と違って自分のペースで物語が進みますからね。出てくる字幕を全部声を出して感情を込めて読むんです。ハタから見たらすごく怪しいですけど。怪しいスラングをいっぱい覚えますけど。でもラジオで英語のBGMを聴きながら英語のゲーム、そのうち自然と日本語を忘れますね。

 第一位:独り言を欠かさない!やっぱコレです。ゲームとかやってて敵にやられた時とかに「マジで?」とかじゃなく「シィィット!」とか「リアリィ?」とか言っててみましょう。街中でも「安いなぁ」とかじゃなく「ちーぷ!のーのー、ろーぷらいす!」とか言ってるのが重要です。半年もやってれば普段から自然と「Shall we?」とか「Sorry!」とか勝手に口から出るようになりますって。日本に帰ってきてから恥ずかしくて直すのが大変だったんですからw

 私が思うに、自分が日本人である事を忘れる事、つまり日本語を忘れてから初めて、英語が身に付き始めるんです。


← 前日 翌日 →