http://readmej.com/

2006 年 04 月 29 日(土)

 先週末は土曜日にすっごく晴れたんです。みんな日焼け止めを塗ってたんですが、私は「平気ヘイキ」と何もしなかったんです。しいて言えば唇が荒れるとモノを食う時にしみるので、リップの厚塗りはいつも通りだったんですけど。予想通り、全然大したことなかったですね。誰も大して日焼けなんてしてないです。そして翌日の日曜日、曇りだったんですよ。一日中殆ど太陽が見えないっていうか。で、一日存分に遊んだ後に、気付くと顔がすんごくヒリヒリするんです。見渡すとみんなヤバイくらい焼けてます。みんな油断してましたね。かなりしてやられました・・・

 眩しいくらい晴れてる日って、つまり眩しいので空を見上げる事も無く顔を上げてる事すら少ないんですよ。そして眩しいので「焼けるぅ」と思ってちゃんと日焼け止めを塗ったりフェイスガードをしたりするんです。でも曇ってる日って、眩しくも何とも無いので普通に顔を上げてるじゃないですか。チリチリと焼ける感も無いので日焼けの事なんて忘れてるんです。しかし紫外線は晴れてようが曇ってようが容赦なく地球上に降り注いでいるんですよ。ここらへんが怖いところです。確かに快晴より曇りの方が紫外線量そのものは少ないかもしれませんが、浴びる時間が倍だったら意味ないですよね。

 私が思うに、晴れの日より曇りの日の方が、日焼けはするんです!


← 前日 翌日 →