http://readmej.com/

2006 年 04 月 25 日(火)

 いや実はサイトの閉鎖って考えは、昨日今日「もうめんどくさー」みたいな感じで急に決めた事ではないんですよ。もうずっと前から考えていて、そろそろどうなんだろう?みたいな感じです。やめる気マンマンだったと言ったら言い過ぎですが、ニュアンス的にはそんなようなもんです。何かしらやめるきっかけを待っていたとでも言いますか。いつ閉鎖しても構わなかったんですよ実は。

 そもそも私は、スノーボードをいつまで続けるのかすら最近は疑問なんですよ。もちろん私より年上のイントラもフリッパーもいます。でも私は30歳の時点で限界かなと思っていたんですね。それでも騙しダマシ続けてきたわけですけど、既に肉体的にも精神的にも限界を超えてると思うんです。所詮プロみたく毎日身体を酷使して鍛えてるわけじゃなく、普段はデスクワークのサンデーボーダーですからね。そんなんでもポコポコ遊びに行く分には問題はないとは思うんです。年に何度かの温泉旅行的とでも言いますか。何も考えずのんび〜り滑って、ポコジャンでぴょこっと浮いてみて、みたいな。でも今のような「仕事より何よりボード優先!私の人生はボードです!」的なクレイジーボーダー生活を長い事続けてたら、そりゃ無理が出るのは当たり前だと思うんですよ。時間的にも金銭的にも生活的にも、余りに他の事が犠牲になり過ぎるとでも言いますか。そもそも趣味で楽しんでるはずなのに、辛く感じる時点でマジ終わってる気がしますね。そんなムリしなくてさぁ、世の中にはもっとオモシレー事がイッパイあるんじゃねーの?みたいな。まぁでもここで考えているサイトの閉鎖というのはOFSが無くなるという事だけではなく、即ちツェットという存在の消滅という事になるんですけどね。もうみんな十分交友関係が広がったので、今更私一人が居なくなっても誰も大して気にも留めないでしょう。あーそんなヤツいたなぁみたいなもんじゃないですか?

 そんな私が一番懸念しているのは私自身の事なんかではなく、ここでしか連絡の取れない人々同士が、この場所が無くなった事によってコネクションがなくなる事が可哀想なんです。他のサイトかどこかへ流れる場所があればイイんですけど、そうじゃなければ広いインターネットの世界で路頭に迷ってしまうというか。せっかく何かの下に集まって同じ趣味同士で遊べる仲間がいる空間があったのに、それが無くなってしまう・・・そういった意味で考えると、このサイトの一番のコンテンツはやっぱり掲示板という事になりますかね。

 私が思うに、私自身が皆の前から消えていなくなる事に、私自身躊躇が全く無いかといえば嘘になりますけどw


← 前日 翌日 →