http://readmej.com/

2006 年 01 月 23 日(月)

 友人のサイトにLastestと書いてありました。おそらく「最終」とか「最後」という意味で書きたかったんだと思います。ふぅん、こんな勘違いがあるんだぁと試しにググってみたら、全世界で約3,540,000件の同じ間違いがありました。そりゃあ私もビックリです。

 元々lastという単語はlateの最上級なんです。だから最上級の最上級というlastestという単語は存在しないんですね。bestestとか言わないですよね、それと一緒です。lateの比較級はlate->later->latestとなります。ん?latest?lastじゃないじゃん!って?実はコレにもカラクリがありまして、ここで言うlateはearlyの反意語なのです。意味で言えば【早い<->遅い】の関係になります。そしてもうひとつ、late->latter->lastという比較級があります。出てきましたねlast。こちらはfirstの反意語で【最初<->最後】という意味合いになります。でもネイティブはlastという単語を「最終」とか「最後」という意味ではあんまり使いません。どちらかっていうと「newより新しい」という意味合いですね。何でって、最終ということは、すなわち最新じゃん!という関係だからです。最終はfinalが、最後はendが一般的でしょうね。さぁ受験生はメモッてメモって。

 私が思うに、いやぁ、英語ってホント難しいですね。(ハルオ風)


← 前日 翌日 →