http://readmej.com/

2005 年 11 月 28 日(月)

 ここの仲間に誘われて、某室内ゲレンデの草大会に参加して参りました。審査とかトーナメントとか上手下手とか全然関係ありません。全員一本勝負!ですから。

 ウサギのような心臓の私は極度のあがり性で、生涯晴れ舞台に立つような人ではありません。それが一本勝負で、足を痛めたままですし、しかも飛び慣れてない「飛びすぎ注意」キッカーで、しかも真夜中で真っ暗にしてキッカーだけライトアップしているもんですから、オールナイトの眠さなんかぶっ飛びでモー顔面蒼白です。自分の番が回ってきた時は、口から飛び出そうな16ビートを刻む心臓を飲み込むのが大変でした。それ故か練習では何とも無かったエントリーでバランスを崩してしまって、ショボ〜い飛びでした。チョー納得いかねー!と思いましたが、みんなそうなんでしょうね。それが一本勝負の醍醐味ってもんです。もちろん優勝はスポンサーの付いているプロライダーでした。けど私は何だか知りませんが、審査員特別賞を貰っちゃいました♪あんなショボい飛びだったので他の人に申し訳ないですけど。いやでも実際楽しかったですよ。誘ってくれてありがとね!

 私が思うに、参加することに意義がある!ってのは参加した人にしか判らないですよね。


← 前日 翌日 →