http://readmej.com/

2005 年 11 月 15 日(火)

 「・・・ブリューではグローバルにスタティックでもオブジェクトは置けないので、アプレットへのポインタをメンバに含んだインタフェースライクなスーパークラスを作ってポインタへのバーチャルなアクセッサだけ用意しておいて、インヘリタンスしたサブクラスのオーバーライドしたコンストラクタかアプスタートあたりのイベントハンドラでインスタンス化するメソッドをコールしてやるスケルトンを準備しておけば・・・」という話を協力会社さんのソフト屋さんとしていたら、隣で聞いてたハード屋さんが『何言ってるのかサッパリわかんないね。発音は日本語なのに単語は英語で、ウチュー語?』と言われました。あれ?そう言われれば発音は日本語なのに出てくるキャラは英語が多いですね。多分ソフト屋さんなら普通に意味が判ると思います。

 でも同じコンピュータ業界でも私のようなソフト屋とハード屋では言葉が通じないんですよね。それこそ全然業界の違う人が聞いたらウチュー語なのかもしれません。英単語だからってアメリカ人に通じるかと言えば、まず通じないでしょう。

 私が思うに、ソフト屋とは簡単な事を難しい言葉で言い表わす不思議な職業です。


← 前日 翌日 →