http://readmej.com/

2005 年 10 月 03 日(月)

 中学生の頃は、RPGと陸上とゲーセンでした。ガキの特権というか、徹夜でドラクエを並んで買ったのを良く覚えています。ディスクシステムが流行っていて、書き換えシステムなんかもありましたね。陸上は部活です。瞬発力も無く、持久力も無く、跳躍力も無かった私は、中距離が専門でした。400mです。後になってから判ったのですが、400mは大人の陸上の世界では短距離で、最初から最後まで全力疾走なんですよね。もちろん記録を残した事なんてありゃしません。所詮は雪国、雪が降ったら何も出来ませんし。

 そしてゲーセンです。最近の坊ちゃん供と違い、昔の田舎のガキの小遣いなんてタカが知れてます。ですから1回50円のゲームをたった2〜3回やる為に週に2〜3回、友達とゲーセンに行ったわけです。もちろん近所にゲーセンなんて無く、また遠くでもゲーセンと言ったら高校生の溜まり場で怖かったので、行くのは専らジャスコのゲームコーナーでした。距離にして2〜3kmくらいでしょうか、ひたすらチャリンコを漕いでましたね。

 私が思うに、中学生の遊びって、何がスタンダードなんでしょうか。


← 前日 翌日 →