http://readmej.com/

2005 年 08 月 28 日(日)

 お金の多さと心の広さは比例しません。例えどんなに金持ちでも、モノが欲しくなることに変わりはないのです。カローラに乗っている人がクラウンに乗りたいと思っているのと同様に、クラウンに乗っている人はセルシオに乗りたいと思っており、セルシオに乗っている人はベンツに乗りたいと思っていることでしょう。人間の欲望は今より上を常に指し、現状で無い物をどうしてもねだるのです。

 しかしこの法則はある一定水準以上を指していて、あまりに極貧や飛び抜けて持ち過ぎている場合は心が狭くなるような気がします。例えばスーパーでいつも1円2円の安さを漁っているうちに、何事に関してももうひとつ下でいいんじゃないかと思う心が身に付いてしまいます。逆に持ち過ぎている場合は、いつも周りと水準が合わず、その結果、周囲から嫉妬や恨みを買うような状態になり、猜疑心に悩まされるようになるでしょう。

 私が思うに、ほどほど、が一番重要なんです。


← 前日 翌日 →