http://readmej.com/

2005 年 03 月 28 日(月)

 そういうわけで年下にも敬語で話されるのがイヤな私は、年上にもタメ口ですよ。別にこの年齢になったからそうなったわけじゃなく、10代の頃から30過ぎの人とも普通にタメ口で話してました。中にはやっぱりイヤな顔をする人もいましたが、それでその人が離れていくなら私とは考えや方向性の違う人だなと思うだけでした。それは今も変わっていません。

 仕事先の先輩や上司は別ですよ。というか仕事中は全て別です。年上だろうが年下だろうが全て敬語です(怒っている時や使えない人に対しては別ですけど)。もちろん「お客様用」と「身内用」の敬語がありますけど、ですます口調は変わりません。年齢的にも上下を考えない私は、仕事でも上下なんて考えません。私より後の入社でも経験年数が浅くても、仕事の上で尊敬できる人であれば私にとってその人のほうが上です。そして自分の中で公私混同を避けるためにも基本的に「仕事は敬語、私生活はタメ語」のほうが私にはいいんですよね。

 私が思うに、先に生まれた私は別に偉くはない。もっと先に生まれたあなたも別に偉くはない。でしょ?


← 前日 翌日 →