http://readmej.com/

2005 年 02 月 24 日(木)

 イヤイヤそんなに危険な落ち方じゃなかったようで(匍匐前進というか柔道で1本取られないようにやる前のめり落ちというか)落ちた時は周りも全然心配してなかったそうなんですけど、私が壊れやす過ぎるのか、そのキッカーの造りが悪いのか、ケガした足は再発しやすいのか、やっちゃったもんはやっちゃったんです。天候が悪かった(すごいガスってた)ってのもあるかもしれません。右斜め後ろから回して地面を見下ろす技なんですけど、いつもの方向が見えたので着地っ!と思って最後の180°を合わせて身体を捻って足を伸ばしたら、地面が無かったんです。その回転の惰性で「あーやばい方向に回ってくー」って考えてました。視界が真っ白(アタマの中じゃなく見えてるのに真っ白)でしたね。飛び過ぎた(8mキッカーで14〜5m?)のが原因でしょうか。まぁ一番悪いのは、そんな状況で飛ぶ私自身ですけどね。

 やっちゃった直後は一番痛かったのは顔で、唇も切って微妙に流血してましたし、ぐわーって感じでしたけど、次の人が飛んで来るとあぶねっ!と思ってすかさず数十メーター横に滑って逃げる余裕はあったんです。次に痛かったのは肋骨で、そりゃ完治してないのにタバコケースもそこに入れっぱなしで危ない事この上ないです。でも息もできましたし、痛て〜!と唸ることも出来ましたので一時的なもんだと思ったんですよね。ゴーグル割れてない?とか心配する余裕もありましたし。レストハウスまで降りてそこらじゅうの痛みも引いてきて、残ったのが右手と左足だったんです。ほんと予想外のとこをやられるもんです。

 私が思うに、筋だけはプロテクターでは守れないですからっ!ざんねんっ!


← 前日 翌日 →