http://readmej.com/

2005 年 02 月 04 日(金)

 リフト降り場が見えたらセーフティーバーを上げますよね。そんで板を真っ直ぐにして着陸態勢に入りますよね。そこで問題です。さぁ降りようとしたその瞬間、横から豪快に雪崩が来ました!さぁどうする?(制限時間2秒)

 雪煙にまかれて咄嗟に顔を背けている瞬間に左足とボードが雪崩に巻き込まれ、左足がリフトの間に挟まれてしまいました!恐るべし雪崩のパワー!そこで問題です。よろける自分!動かない足!迫り来るリフト!さぁどうする?(制限時間2秒)

 前のめりに逃げようと試みるもリフトのパワーに為す術もなく、とうとう仰向けに押し倒されてしまいました!既にリフトは自分の膝上の乗り上がり、リフトと雪面とのサンドイッチです!しかし未だリフトは止まる気配を見せません!そこで問題です。挟まれた身体!眼前に迫り来るリフト!このままだと顔面ザクロです!さぁどうする?(制限時間2秒)

 全力でリフトを持ち上げ(数センチも上がってない?)顔とリフトの間に気合で隙間を作り、何とかリフトの下を潜り抜けました!その直後にリフトは緊急停止し、まず目に入ったのは正座をしたような格好で足を挟まれている後ろのリフトに乗っていた知人でした。あと少しリフトが進んでいたら、彼は前のめりに押し潰されていたでしょう。何にしろ皆無事でよかったところでこの話を終わります。

 私が思うに、リフト下に挟まれる時はうつ伏せではなく仰向けで・・・もとい、屋根上からの雪崩には気をつけましょう(全て実話)


← 前日 翌日 →